事例から学ぶ人気の内装

我が家に相応しい内装選び

なぜ大切?内装の役割

日本人にとって馴染み深い和室は、自然の素材を生かした落ち着きのある空間を生み出します。 木材を使った部屋はやはり人びとをリラックスさせる働きがあるのでしょうか? 内装のなかでも、床や壁などに自然の素材を使ったり、そうした雰囲気に合った家具を配置したものは人気が高いです。 もっと読む

人を和ませる内装づくり

学生時代に独り暮らしをしたことのある方は、どのような部屋に住んでいたでしょうか?
しっかり整理整頓が行き届いていた部屋に住んでいた人、散らかった部屋に住んでいた人、様々でしょう。
普通は借りた部屋でしょうから、部屋をコーディネートしたりという経験は少なかったかもしれません。
しかしいざ結婚して家庭をもつ、そして自分の家をもつとなったときに、どういう部屋にしたいかというのは自分で考えることになります。

もちろん大きな買い物になりますので、値段を無視することはできないでしょう。
それに加え、家の広さであったり、立地であったりといった条件も考慮するでしょう。

とはいえ、家は長期間住み続ける空間ですので、ずっと居たいと思えるような場所でなければいけません。
そうした観点から見たとき重要になるのが、部屋の内装です。

内装と一言で言っても、壁、床、照明から部屋に置く家具まで、それを構成する要素は様々あります。
自分の家を建てるときに内装をデザインするという段階にきたとき、一つ忘れてはならないのが、その部屋にあるものに統一感を持たせるということです。
壁や床などは設計の段階で同じコンセプトで作ることができるかもしれませんが、家具など後から置くものは、その部屋の雰囲気に合っていなかったりするものです。

内装は、家を買うときはどうでもよく感じられるでしょう。
しかし住み続ける上で、居心地がよいと思える空間はストレスを和らげてくれます。
そのような内装について事例を挙げながら紹介していきます。

シンプルだけどおしゃれな部屋作り

自然の素材を生かしたナチュラルな内装なら、床や壁の色は木そのままの色を使うことができます。 もし違う種の内装にするとしたら部屋全体の色調も考えなければいけません。 大まかに分けると、明るくするか、暗くするかという人ぞれぞれの好みで変わってきます。 もっと読む

部屋の機能性を高めよう

スタイリッシュな内装の部屋は住んでいて心地よいですし、目を楽しませてくれます。 しかし住み心地の良さを追究したときに、機能性に優れた内装というものにも目を向ける必要があります。 風通しのよさであったり、断熱機能のある部屋などは、省エネにもなります。 もっと読む