事例から学ぶ人気の内装

部屋の機能性を高めよう

空気が通りやすくなる部屋作り

風通しが良く光の行き届く部屋をつくるのはなかなか難しいことです。
そのような部屋にするには、南北のラインで風や光が通れる道を作ることが重要です。
ですから部屋も東西に伸びるようにではなく、南北に伸びるように配置したほうがよいのです。

あるいは、部屋数が少なくなるようにすることも重要です。
もしどうしても部屋数を減らせないのであれば、部屋を壁で仕切るのではなく、ルーバー扉など通風機能のある仕切りを選ぶとよいでしょう。
または部屋同士を室内窓でつなぐことも考えられます。
このようにすることで、隣室からの空気の流れを呼び込むことができるのです。
またそのような構造は光も通しやすくするので、家全体に自然の光が行き渡るようになるのです。

温度管理を効率的に

部屋の温度を効果的にコントロールするための工夫が、断熱材を用いることです。
窓を断熱性の高いものにしたり、すでに一般的なシングルガラスの窓が取り付けられているならば、内窓をつけて二重化するという手もあります。

また壁を断熱化することも重要です。
夏の間、夜になると部屋があたたまってきて冷房を使わないと寝苦しいという経験をお持ちの方も多いでしょう。
それは家が日中に受けた熱が、壁を通して伝わってきたからです。
冬の場合も同様で、そのような冷気や熱気を断熱性の高い壁で遮断することで、省エネを実現できるのです。

このような省エネ向けの工夫は前に挙げたいろいろな内装とも両立できます。
これらを合わせて自分に最適な内装を実現してみてください。


この記事をシェアする